*PC閲覧時にのみ見えるひとことコーナー*


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


( --.--.-- ) ( スポンサー広告 )
ももちゃん

我が家の末っ子、ももたろ(本名:もも♀)は7歳のチワワ。

めっちゃ可愛い。チワワ界で一番可愛い。いや、世界一可愛い(*´艸`*)

お嬢たちには「ももたろはママが産んだ( ̄▽ ̄)」と言ってますが(昔は信じてくれてたけど今は…笑)、ペットショップで抱っこしたらもう離れられなくなって、この子の家族になりたいって思って、チワワのことたくさん勉強しました。

それから7年。

大切に育ててきたももたろ。ももたろが傍にいてくれるから、あたその心も安定してるんだなって思います。

お嬢らに「うちらのどっちが一番好き?」って聞かれていつも「ももたろ(*´艸`*)」って答えるくらい大好き。

高齢になってきたけど、未だに甘えん坊で、とても元気で、あたしが仰向けに寝転んでるとお腹の上に飛び乗ってくるし(体重が2kgしかないから衝撃は全く無し)、少しでも屈めば肩の上に飛び乗ってくるし(乗ってても重さを感じない)、当たり前のように添い寝してくれるし(あたしが寝付くとベッドを抜け出してる模様)、娘のようでもあり、姉のようでもあり、妹のようでもある大切な大切な家族。

そんなももたろが歩行時右側(本人から見て)に傾くようになりました。

傾いてるから右側右側へ寄ってしまうし、走ろうとすると転びます。

あたしのお腹の上に飛び乗る時、着地で踏ん張れずに滑り落ちることも。

なんだか足元が不安定。

症状で検索してみると前庭疾患、脳腫瘍、脳炎、水頭症などがあるみたいで(まだサラッと検索しただけなので詳しく勉強したわけではありません)、心配になって病院に連れて行くと、水頭症の疑いがあるみたいでした。

脳室というところが正常であれば25%程度なのが、ももたろは31%と大きめ?広め?

そうなった原因を解明するにはMRIなどの検査が必要とのこと。

ただ、今のところは経過観察ということで、ふらつきなどがひどくなるようであれば来院するように言われました。

7歳という年齢を迎え、いずれは…と心構えをするようにしていましたが、いざ重い病気かもしれないという現実を目の前にするとどうしていいのやら。

今の時点で何か病気が特定されたわけではないけれど、どうしても傾いてしまうももたろが可哀想で、痛みや辛さや不快感があるとしても言葉にすることができないももたろを思うと切なくて、いずれあたしの前から居なくなってしまう日のことを考えたら涙が止まらなくて、どうしようもありません。

今のあたしができることといえば、ももたろが転んでも痛くないように+滑り止めを兼ねてフローリングにカーペットを敷くこと。とはいえ今すぐ部屋全体に行き渡るカーペットを準備するのは難しいので、とりあえずももたろが部屋からトイレへ行くいつもの道順に、細めのカーペットを敷いてみました。

なんだかスターが通る為のレッドカーペットみたい( ´ー`)

それから、添い寝する為にあたしのベッドに飛び乗ったり、飛び降りたり…が足元がふらついてかなり危ないので、小さなお布団を買ってきて、あまり高さが出ないように気をつけながらスロープみたいになるように形を整えてベッドに添えてみました。

それを見て「ママちゃん、なにこれ?(´・_・`)」と頭にハテナをたくさん浮かべたももたろがあたしをじぃっと見つめてきたのが可愛かったです(笑)

お布団スロープに乗せてみたり、こうやって歩くよーって教えてあげたらすぐに行き来できるようになりました。

ももたろ天才(*´艸`*)

いつものように添い寝してくれました。

お布団が気持ちいいのか、スロープの途中で丸くなって寝るようにもなりましたが(笑)

あたしが今できるのはこれくらい。

あたしが動くとももたろも動くし、いつも後ろをついてくるので、家の中ではなるべく急がないように心がけてます。(あたしが急ぐと急いでついてくるから危ない)

でもね、食欲はあるし、お水もきちんと摂るし、便もいつも通り。

大好きなおもちゃ持ってきて遊ぶ姿もいつも通り、お姉ちゃんたちが学校から帰ってきたら真っ先に玄関にお迎えに行くのもいつも通り。お姉ちゃんたちがおやつ食べてたら「ももにもくださーい(^o^)」って寄って行くのもいつも通り。(ただし貰えない笑)

傾いてる以外はいつも通りやのに。

ねえ、ももたろ、お病気なの?

ももたろちゃーん。

ずっと傍にいたいよ。

ずっとずっと一緒にいたいよ。

いようよ。

いいでしょ?ももちゃん。


いずれ病名がわかって、寿命がわかって、そうなってしまったら、受け止められるのかな。

永遠の命なんて無いし、いずれはってわかってはいても、一日でも長く、一秒でも長く、一緒にいたいよ。

今はあたしのできることを全力でしてあげなきゃ、それしかないけど。

スポンサーサイト


( 2013.07.12 ) ( *携帯より* ) ( COMMENT:0 )
コメント

コメントする?












 秘密コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。